2021.3.5 19:12

阪神がオープン戦白星 D1位・佐藤輝が初打席アーチ 八木裕以来34年ぶり快挙

阪神がオープン戦白星 D1位・佐藤輝が初打席アーチ 八木裕以来34年ぶり快挙

1回、本塁打を放つ阪神・佐藤輝明=ペイペイドーム(撮影・門井聡)

1回、本塁打を放つ阪神・佐藤輝明=ペイペイドーム(撮影・門井聡)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 (オープン戦、ソフトバンク0-4阪神、5日、ペイペイドーム)阪神はソフトバンクに4-0で勝利。今季のオープン戦を白星でスタートした。一回にドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=が、石川から左越えのソロ。阪神の新人がオープン戦の初打席で本塁打を放つのは1987年の八木裕以来、34年ぶりとなる快挙となった。

 阪神は二回にサンズがソロ。九回にも高山の中犠飛、中谷の左前適時打で2点を追加した。

 今季初実戦となった西勇は2回1安打無失点。開幕投手最有力右腕がマウンドで順調な仕上がりを見せた。2番手の藤浪は4回3安打無失点。その後も馬場、小野とつないで、ソフトバンク打線を封じた。