2019.11.8 18:27

尚弥、レフェリーに阻害された?「超フィジカルが強かった」/WBSS

尚弥、レフェリーに阻害された?「超フィジカルが強かった」/WBSS

WBSS制覇から一夜明け、サンケイスポーツを手前にポーズを決める井上尚弥=横浜市(撮影・斎藤浩一)

WBSS制覇から一夜明け、サンケイスポーツを手前にポーズを決める井上尚弥=横浜市(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝(7日、さいたまスーパーアリーナ)WBA、IBF世界王者の井上尚弥(26)=大橋=がWBA世界スーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=に3-0で判定勝ちして優勝。キャリア20年の5階級制覇王者を下し、同級の頂点に立った。井上尚は右目上から流血するなど苦しめられたが、11回に左ボディーでダウンを奪い、3年半ぶりに最終12回までもつれた死闘を制した。

 尚弥は激闘から一夜明けた8日、フジテレビ系フジテレビ系ニュース番組「Live News it!」(月~金曜後4・50)にVTR出演。11回のダウンシーンについて、「多分(ドネアが)ダウンして12秒くらい、いったんじゃないですか? しかも僕、レフェリーに阻害されましたし」と苦笑い。ドネアがダウンしてもなかなか、カウントしないレフェリーにヤキモキしていたという。

 またドネアからダウンを奪う直前、たたみかけようとした際、レフェリーが立ちはだかったことには、「超フィジカルが強かった。あれがなかったらもうちょい、展開がそれとなく変わったと思う」と振り返っていた。