2018.8.10 20:27

鈴木長官がサーフィン挑戦「仕事は不祥事の後始末だけではないんです」

鈴木長官がサーフィン挑戦「仕事は不祥事の後始末だけではないんです」

複合スポーツ施設でサーフィンに挑戦するスポーツ庁の鈴木長官=東京都品川区

複合スポーツ施設でサーフィンに挑戦するスポーツ庁の鈴木長官=東京都品川区【拡大】

 スポーツ庁の鈴木大地長官が10日、東京都品川区にオープンする複合スポーツ施設のイベントに出席し、東京五輪追加種目のサーフィンに挑戦した。51歳になった1988年ソウル五輪競泳金メダリストは人工波に悪戦苦闘しながらも、最後はしっかりとボードに乗り「都会でサーフィンができるのは画期的」と気持ちよさそうだった。

 最近はボクシングの不正疑惑などで苦言を呈する姿が目立つが、あいさつでは「身近にスポーツができる場を提供したい。(仕事は)不祥事の後始末だけではないんです」とアピール。スポーツ界で相次ぐ不祥事の荒波も、この日のように乗り切れるか。