2020.10.1 05:01

神戸、イニエスタ弾で今季初3連勝「この流れを続けていきたい」

神戸、イニエスタ弾で今季初3連勝「この流れを続けていきたい」

イニエスタ(左から2人目)がゴールを決め、喜ぶ神戸イレブン。これが決勝点となった

イニエスタ(左から2人目)がゴールを決め、喜ぶ神戸イレブン。これが決勝点となった【拡大】

 明治安田J1第29節第2日(30日、ノエビアスタジアム神戸ほか)アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の関係で変則日程となった節の異なる3試合が行われ、第29節では神戸が元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)のゴールで名古屋を1-0で破り、3連勝。3位のFC東京は浦和を1-0で退けた。第25節の横浜M-鳥栖は1-1で引き分け、横浜Mの連勝は4でストップした。

 疲れも衰えも全く感じさせない。MFイニエスタが後半15分に先制弾。神戸を今季初の3連勝に導いた。

 「コンビネーションがつながった、タッチ数の多いプレーだった。チームにはこんなプレーをするクオリティーを持つ選手がたくさんいる」

 敵陣左からFW古橋、FWドウグラス、MF郷家とワンタッチでつなぎ、中央のイニエスタがこれもワンタッチで右足を振り、ゴール左へ流し込んだ。就任後2連勝となった三浦監督も「次元が違う」と絶賛。2018年以来となる2試合連続の無失点と、守備も引き締まった。

 36歳のレジェンドが5試合連続の先発フル出場。フィンク監督退任後の3試合で全9得点中8得点に絡み、格の違いを示す。24日に就任した新指揮官へ「クリアなコンセプトをもっていて、気持ちよくやれている」と信頼を寄せた。

 この日から観客制限が緩和され、配布された白のベースボールシャツを着用した4825人が背番号8の美技に酔った。イニエスタも「この流れを続けていきたい」と力強く誓った。(邨田直人)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • 前半、パスを出す神戸・イニエスタ(手前)=ノエスタ