2020.9.26 13:02

オランダ代表新監督フランク・デ・ブール「今の代表は2010年当時より優れている」

オランダ代表新監督フランク・デ・ブール「今の代表は2010年当時より優れている」

オランダ代表新監督フランク・デ・ブール「今の代表は2010年当時より優れている」

オランダ代表新監督フランク・デ・ブール「今の代表は2010年当時より優れている」【拡大】

 オランダ代表の新指揮官フランク・デ・ブールは、今の代表がワールドカップ決勝まで勝ち進んだ2010年のオランダよりも優れていると強調している。

 デ・ブールはオランダ代表の会見で25日「今のオランダは2010年よりも優れた才能がたくさんいて、采配の選択肢も当時より豊かだ」と口にした。

 「オランダはかつて、(ウェスレイ)スナイデルと(アリエン)ロッベンという攻撃の柱がいて、(ラファエル)ファン・デル・ファールトもいた。そして守備ブロックでは(マルク)ファン・ボメルと(ナイジェル)デ・ヨングが中盤の底にいた。これが当時の軸だったが、今ではそれよりも選択の幅が増えている。2010年当時より今のほうが素晴らしい才能が多くいると私は認識しているよ」

 デ・ブールは前指揮官、ロナルド・クーマンがバルセロナの新監督になることから、クーマンの後任として代表監督に就任した。そのことについては、ある程度クーマンのスタイルを継承しつつも、独自色を出していくと語っている。

 「クーマンにバルセロナ行きのうわさが浮上したあと、私は代理人と代表チームについて簡単な意見交換をした。そのうえで今に至っている。私はロナルド・クーマンのVer.2.0というわけではない。ただ、ある程度共通したフットボール哲学を持っていることは確かだ。私はクーマンの道をたどりながら代表を強化していきたい」

 「私がオランイェ(代表)にとって第1か、第2か、それとも第6の選択肢だったのかは興味がない。代表指揮官という仕事はとても光栄なこと。このオファーを受けたら、それは誇りに思うべきことだと思っているよ。私はできる限りのことをする。KNVB(オランダサッカー協会)、そしてサポーターの信頼を裏切らないようにね」

 新指揮官デ・ブールの初陣は10月7日、メキシコとの親善試合になる見通し。オランダはその後、UEFAネーションズリーグでボスニア・ヘルツェゴビナ、イタリアと対戦する。(Goal.com)