2020.7.9 17:34(1/3ページ)

破格の才能・アクラフ・ハキミを無駄にしたRマドリードとドルトムント

破格の才能・アクラフ・ハキミを無駄にしたRマドリードとドルトムント

 移籍市場では、勝者と敗者がはっきり分かれることが常だ。選手の移籍によってよい結果を得るチームがある一方で、その契約で損をするクラブがあることも確かだ。

 だが、移籍によって双方が敗者になることはきわめて珍しい。しかし実際に、アクラフ・ハキミがRマドリードからインテルミラノへと移籍したときに、それは起こった。

 このモロッコ代表は2018年夏に、トップチームでの出場機会を求め、ドルトムントへと期限付き移籍。すると、ドイツで覚醒し、サイドバックでもウィングでもプレーできるユーティリティ性を発揮。2年間で12ゴール17アシストの活躍を見せた。また、ハキミを筆頭にリュシアン・ファーヴルは若手中心の魅力的なチームを作り上げ、2019-20シーズンはクラブ記録を塗り替える84ゴールを記録している。

Achraf Hakimi - Borussia Monchengladbach vs Borussia Dortmund - 2019-20

 チーム内でも能力は高く評価され、ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)はハキミの残留を強く望んだ。

 「ドルトムントとの契約は終わりに近づいている。しかし、レアルと話し合って、来シーズンもBVBでプレーできるような解決策を見つけたいと思う」

 だが、コロナ禍がこの移籍に与えた影響は大きかった。ドルトムントは、マドリーが要求する4000万ユーロ(約48億円)という移籍金を支払うことを断念。ハキミの能力を考えれば全く高額ではないが、ドルトムントは応じることはなかった。

 そうこうしているうちに、インテルミラノが割って入ってハキミを獲得。ハキミは11月にネラッズーリから2点を奪い、ドルトムントを決勝トーナメント進出に導いた選手だ。インテルミラノにとって彼は、CL脱落の仇敵ということになるが、その試合の印象は余程大きかったのかもしれない。

【続きを読む】