2020.5.23 07:41

長谷部誠、フランクフルトと1年間契約延長!さらに引退後はアンバサダー就任へ

長谷部誠、フランクフルトと1年間契約延長!さらに引退後はアンバサダー就任へ

特集:
長谷部誠
長谷部誠、フランクフルトと1年間契約延長!さらに引退後はアンバサダー就任へ

長谷部誠、フランクフルトと1年間契約延長!さらに引退後はアンバサダー就任へ【拡大】

 フランクフルトは、長谷部誠が1年間の契約延長で合意し、アンバサダーとして引退後もクラブに残ることを発表した。

 2014年にニュルンベルクからフランクフルトに加入した長谷部。現在36歳とクラブ最年長選手でありながらも、今シーズン公式戦32試合に出場し、年齢がパフォーマンスに影響しないことを証明し続ける。ここまでの6シーズンで公式戦201試合に出場し、2018年DFBポカール優勝などにも貢献してきた。

 しかし、長谷部とフランクフルトの契約は今シーズン終了後に満了を迎える。去就に関してさまざまな憶測が飛び交っていたが、クラブは22日、元日本代表MFと2021年夏までの1年間の契約延長で合意。さらに、現役引退後はブランドアンバサダーに就任することも発表された。

 フランクフルトの公式ウェブサイトで、スポーティングディレクターのフレディ・ボビッチ氏は「マコトは最高のキャリアを送っている。鍛錬と最高のプロフェッショナルな姿勢により、彼は36歳となった今でもチームにとって重要な存在だ。彼が引き続き次のシーズンもチームにいてくれて、またアイントラハトのブランドアンバサダーとして残ることを我々はとてもうれしく思っている」と喜びを語った。(Goal.com)