2020.2.24 19:00(1/2ページ)

フランクフルト鎌田大地に伊紙が注目「ELで自慢すべき記録。違いを見せた日本人選手」

フランクフルト鎌田大地に伊紙が注目「ELで自慢すべき記録。違いを見せた日本人選手」

特集:
鎌田大地
フランクフルト鎌田大地に伊紙が注目「ELで自慢すべき記録。違いを見せた日本人選手」

フランクフルト鎌田大地に伊紙が注目「ELで自慢すべき記録。違いを見せた日本人選手」【拡大】

 ヨーロッパリーグ(EL)で躍動するフランクフルトのMF鎌田大地について、イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が23日、特集を組んだ。

 鎌田は今シーズン、ブンデスリーガにおいて17試合出場でノーゴールと不発が続いているが、20日に行われたEL決勝トーナメント1回戦のザルツブルクとのファーストレグ(4-1でフランクフルトが勝利)ではハットトリックを記録。ヨーロッパの舞台では、グループリーグのアーセナル戦(2-1でフランクフルトが勝利)、ヴィトリア・ギマランイス戦(3-2でヴィトリアが勝利)に続き、3戦連続ゴールと躍動を見せた。そんな鎌田には、イタリア紙も注目。逸材を紹介する「タレント・スカウト」のコーナーで23歳のフランクフルトMFを特集している。

 鎌田やMF長谷部誠など19人の外国人選手が所属するフランクフルトについて、今シーズンは「ブンデスリーガで10位の成績だが、ELではチャンピオンズリーグのグループリーグでナポリと対戦したザルツブルクを相手にホームで4-1と勝利。16強進出へ王手をかけるなど、特別なシーズンを過ごしている」と紹介。1980年のUEFAカップ優勝以来となる国際タイトルの獲得を目指すため、「アドルフ・ヒュッター監督は、ベルギーのシント=トロイデンで34試合に出場15ゴールを記録して昨夏に戻って来た23歳の日本人選手ダイチ・カマダの助けを請う」と注目している。

【続きを読む】