2020.2.23 11:39

大迫勇也、ドルトムント戦先発もチーム2番目の低評価

大迫勇也、ドルトムント戦先発もチーム2番目の低評価

特集:
大迫勇也
大迫勇也、ドルトムント戦先発もチーム2番目の低評価

大迫勇也、ドルトムント戦先発もチーム2番目の低評価【拡大】

 ブレーメンのFW大迫勇也には現地メディアから厳しい評価がつけられている。

 大迫は22日のドルトムント戦で先発。公式戦4試合連続でスタメンを飾った。しかし、アウェーのドルトムントに圧倒される形で0-2と敗北。大迫をいいところなく90分に途中交代となっている。

 地元メディア『ダイヒシュトゥーベ』では大迫に対し、チームで2番目に低い「4」の採点がつけられ、以下のように寸評を記されている。

 「ヌリ・シャヒンの短期的な欠場により、布陣が変更となり、スタメンにとどまることができた。中盤の中心でプレーし、少なくとも以前よりは部分的に改善された。しかし、いくつかのシーンでは止まって傍観してしまう場面もあった」

 なお、最低評価となったのは「5」でデイヴィ・ゼルケ。デュエルに勝利できず、失点に絡んだため、地元メディアからは糾弾された。

 ブレーメンはリーグ戦で泥沼の5連敗。ここ14試合でもわずか2勝しかできておらず、17位に沈んでいる。(Goal.com)