2019.10.9 22:49

名古屋、DF藤井とDF成瀬のプロA契約締結を発表

名古屋、DF藤井とDF成瀬のプロA契約締結を発表

名古屋、DF藤井とDF成瀬のプロA契約締結を発表

名古屋、DF藤井とDF成瀬のプロA契約締結を発表【拡大】

 名古屋グランパスは9日、DF藤井陽也とDF成瀬竣平がプロA契約を締結したことを発表した。

 現在18歳の藤井と成瀬は、名古屋のアカデミー出身。藤井は2018シーズンのJリーグYBCルヴァンカップ・グループステージ第2節のサンフレッチェ広島戦でトップチームデビューを果たし、今季の明治安田生命J1リーグ第23節・松本山雅FC戦でプロA契約締結に必要な出場時間に到達していた。

 また、成瀬も昨季のルヴァンカップ・グループステージ第1節の浦和レッズ戦でデビュー。8月30日に行われたJ1第25節のFC東京戦に出場し、プロA契約締結の条件を満たしていた。

 藤井はクラブを通じ「「A契約になることができ、とても嬉しく思います。日々たくさんの方に支えてもらいプロとしてサッカーができていることに改めて感謝します。これからも感謝の気持ちを忘れず、もっと成長してグランパスの勝利に貢献できるように頑張ります。これからも応援よろしくお願いします!」と感謝の言葉を述べた。

 同じく成瀬も「このたび、A契約になれたことを嬉しく思います。今年の目標のひとつでもあり、プロとしてスタートラインでもあると思うので、これからもっと試合に絡み、そして結果を出しチームに貢献できるよう頑張りたいと思います」と、今後の活躍を誓っている。

 名古屋は9月23日に風間八宏前監督の契約解除を発表。後任にはイタリア人指揮官のマッシモ・フィッカデンティ氏が就任し、残留を第一目標に残り6試合に臨む構えだ。(Goal.com)