2019.8.17 23:05

横浜M指揮官、粗悪ピッチに怒り心頭「これではわれわれのサッカーできない」

横浜M指揮官、粗悪ピッチに怒り心頭「これではわれわれのサッカーできない」

C大阪に敗れ、ピッチを後にする横浜Mイレブン=日産スタジアム

C大阪に敗れ、ピッチを後にする横浜Mイレブン=日産スタジアム【拡大】

 明治安田J1第23節第1日(17日、横浜M1-2C大阪、日産ス)横浜Mは3連敗で5位に後退した。ポステコグルー監督は状態が悪い本拠地のピッチに怒り心頭。冬用の芝と夏用の芝の植え替えがうまくいっておらず「これではわれわれのサッカーができない。残念。お客さんに恥ずかしい」とまくし立てた。

 光明は新戦力のエリキ、マテウスが加入後初出場したことか。エリキはマルコスジュニオールのゴールもアシストし、「チームのために攻守に戦いたい」と故障者が多い攻撃陣に貢献を誓った。

横浜M・畠中(ポステコグルー監督がピッチ状態の悪さを敗因の一つに挙げたが)「ミスは選手の責任で準備不足や技術の問題。グラウンドのせいにしてはいけない」

試合結果へ勝敗表へ

  • 後半、同点ゴールを決め喜ぶ横浜Mのマルコスジュニオール(奥中央)=日産スタジアム