2019.8.17 22:56

仙台・渡辺監督、川崎に善戦「半歩前進と捉えたい」

仙台・渡辺監督、川崎に善戦「半歩前進と捉えたい」

後半、同点ゴールを決め、サポーターの歓声に応える仙台・長沢(右手前)=ユアスタ

後半、同点ゴールを決め、サポーターの歓声に応える仙台・長沢(右手前)=ユアスタ【拡大】

 明治安田J1第23節第1日(17日、仙台2-2川崎、ユアスタ)仙台は終盤追い付かれ、リーグ戦では2013年以来となる川崎戦の白星を逃した。それでもリーグ2連覇中の王者に善戦し、渡辺監督は「半歩前進と捉えたい」と前を向いた。

 出場3試合ぶりの先発となった長沢が奮闘した。0-1の後半9分にロングボールを右足で合わせて同点。9分後には金正也のパスに反応し、ゴール隅にねじ込んだ。川崎に同点を許した後も好機は少なくなかっただけに、長沢は「次はもう1点取って勝ちきりたい」と貪欲に話した。

仙台・金正也(2点目につながるパス)「シュートと迷ったが(長沢の)動きだしが見えた」

試合結果へ勝敗表へ