2019.4.22 00:01

シュツットガルト、大敗で指揮官解任…16位で入れ替え戦圏内

シュツットガルト、大敗で指揮官解任…16位で入れ替え戦圏内

シュツットガルト、大敗で指揮官解任…16位で入れ替え戦圏内

シュツットガルト、大敗で指揮官解任…16位で入れ替え戦圏内【拡大】

 シュツットガルトは20日、マルクス・ヴァインツィール監督の解任を発表した。

 ヴァインツィールは今季途中の昨年10月に就任。しかし、成績は思わしくなく、23試合で勝ち点を手にした試合はわずかに「8」にとどまっていた。加えて20日の試合ではアウクスブルクに0-6と大敗。シュツットガルトのスポーツ部門のヘッドを務めるトーマス・ヒツルスペルガーがその試合が決断の引き金となったことを明かしている。

 「アウクスブルクでの非常な残念の試合の後、我々は一度クリーンにする必要があるという結論に至った。この決断は簡単なものではなかったが、最も重要なのは他の何よりクラブの成功だ」

 後任となるのは、U-19のチームを率いていたニコ・ヴィリヒ。暫定監督として残留争いに臨む。

 残り4試合となり、15位シャルケとは6ポイント差で逆転は厳しい状況に。自動降格圏である17位ニュルンベルクとは3ポイント差で、今後も厳しい戦いが続きそうだ。(Goal.com)