2018.12.10 05:02(1/2ページ)

高倉なでしこ、イングランドなどとD組に 「女子W杯」組み合わせ決定

高倉なでしこ、イングランドなどとD組に 「女子W杯」組み合わせ決定

元なでしこジャパンの司令塔、宮間が抽選会のアシスタントを務めた (ゲッティ=共同)

元なでしこジャパンの司令塔、宮間が抽選会のアシスタントを務めた (ゲッティ=共同)【拡大】

 【パリ8日(日本時間9日)】来年6月に開幕する2019年女子W杯フランス大会の1次リーグ組み合わせ抽選が当地で行われ、2大会ぶりの優勝を目指す世界ランキング8位の日本代表「なでしこジャパン」は同4位イングランド、同20位スコットランド、同36位アルゼンチンとともにD組に入った。高倉麻子監督(50)は1次L突破に自信を示した。

 抽選で第2ポットの日本にとって、悪くない組み合わせだ。格付け最上位の第1ポットから選ばれたイングランドとは、直近3大会で1勝1分け1敗。前回は準決勝で2-1と勝って決勝に進み、苦手意識はない。パリの抽選会場で結果を見届けた高倉監督は力強くうなずいた。

 「簡単な試合はないが、初戦でいい入り方をすればチームも乗ると思う。3戦目の前までに通過を決めたいという気持ちはあるが、一つ一つを大事に戦っていくだけ」

 アルゼンチン、スコットランドとFIFAランキングの低い相手から順に対戦する日程も理想的だ。2011年ドイツ大会以来、2大会ぶりの優勝を目指す同監督は「チームは以前に比べて経験値が少なく、本番は独特の雰囲気がある」と気を引き締めるが、順当に連勝すれば突破は決定的となる。

 D組首位を争うイングランドとは、来年2~3月に米国で開かれる国際親善大会で“前哨戦”を行う。例年参加してきたアルガルベ杯よりハイレベルな4チームの対抗戦で米国、ブラジルとも腕試しでき、指揮官は「選手は試合をやると非常に学ぶ力が強い。そこからW杯に向けて自信をつければ」と期待する。

【続きを読む】

  • 2019サッカー女子W杯1次リーグ組み合わせ
  • サッカー女子・日本代表今後の主な日程
  • サッカー女子W杯歴代優勝国と日本の成績
  • サッカーの女子W杯フランス大会の1次リーグ抽選会後、米国のエリス監督(左)とあいさつを交わす日本の高倉麻子監督=パリ(ゲッティ)
  • サッカーの女子W杯フランス大会1次リーグ抽選会後、取材に応じるアルゼンチン・ボレジョ監督=パリ(ゲッティ)
  • サッカーの2019年女子W杯フランス大会の組み合わせ抽選を終え、写真に納まる日本の高倉麻子監督(前列右端)ら=パリ(ゲッティ=共同)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 高倉なでしこ、イングランドなどとD組に 「女子W杯」組み合わせ決定