2018.12.10 13:33(1/3ページ)

オリヴェイラ・レッズが新たに身に着けた力 浦和の徹底した「勝ち」へのこだわり

オリヴェイラ・レッズが新たに身に着けた力 浦和の徹底した「勝ち」へのこだわり

オリヴェイラ・レッズが新たに身に着けた力 浦和の徹底した「勝ち」へのこだわり

オリヴェイラ・レッズが新たに身に着けた力 浦和の徹底した「勝ち」へのこだわり【拡大】

 浦和レッズが9日に行われた第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝でベガルタ仙台に1-0で勝利を収め、2006年以来12大会ぶりとなる優勝を決めた。今季最大の目標であったAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を見事に獲得した。しかし、ここまでの道のりは決して平坦ではなかった。

 ■開幕5試合未勝利も、監督交代で取り戻した自信

 昨季途中、5年半に渡るミハイロ・ペトロヴィッチ体制の終焉を迎えた浦和。堀孝史監督の下、10年ぶりのACL制覇を達成したものの、リーグ戦を見てみればラスト3連敗、7位で終了。慣れ親しんだ3バックから4バックに変えるなどミシャ体制からのスタイルの変更にも苦慮した。

 堀体制のまま迎えた今季は、開幕5試合で未勝利が続き、クラブは第5節のジュビロ磐田の敗戦後に堀監督との契約解除を決断。新指揮官就任までの間は、大槻毅育成ダイレクターが暫定的に指揮を執ることになった。

 すると、チームは第6節・ベガルタ仙台戦で今季初白星を挙げるとその後3連勝をマーク。大槻暫定監督は、失いかけていたレッズへの期待と選手の自信を取り戻すことに成功し、最高の形でオズワルド・オリヴェイラ監督にバトンタッチした。

 ■一時リーグ3位も射程圏に捉えたが…

 オリヴェイラ監督は、鹿島アントラーズ時代に前人未到のリーグ3連覇を達成しただけではなく、カップ戦のタイトルを総なめにした輝かしい経歴を持つ。しかし、「短期間で水をワインに変えるようなことはできない」と、チーム作りにはあくまでも「時間が必要である」ことを説いた。

 就任当初は「選手たちの練習に対する姿勢なども、少し意欲が低下していた。少し無気力な姿もあった」からこそ「モチベーションを与えることがまずは必要」と、選手へ自信を植え付けることを率先した。連戦続きで、戦術的な浸透に時間をかけることはできなかったが、W杯中断期間に静岡で夏合宿を開き、フィジカルの向上と戦術的な擦り合わせを行った。この効果もあって中断以降は徐々に勝ち星を増やしていく。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. オリヴェイラ・レッズが新たに身に着けた力 浦和の徹底した「勝ち」へのこだわり