2017.8.13 05:00

元鹿実総監督・松沢隆司氏が死去…前園ら育てた高校サッカー界の名将

元鹿実総監督・松沢隆司氏が死去…前園ら育てた高校サッカー界の名将

 高校サッカーの名門、鹿児島実を率い、全国高校選手権で2度の優勝、3度の準優勝に導いた松沢隆司氏が、11日午後6時55分、多臓器不全のため鹿児島市内の病院で死去した。76歳だった。

 鹿児島市出身の松沢氏は、1966年から同校サッカー部の監督や総監督を務めた。95年と2004年に全国選手権優勝を成し遂げ、元日本代表のMF遠藤保仁や同松井大輔、同FW前園真聖氏ら数多くのJリーガー、日本代表選手を育てた。11年限りで総監督を退き、1カ月ほど前から肺炎を患っていたという。

 自宅は鹿児島市明和3の7の18。葬儀・告別式は13日、鹿児島市原良1の1の1、玉泉院中央会館で。時間は未定。喪主は妻和子(かずこ)さん。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 国内その他
  4. 元鹿実総監督・松沢隆司氏が死去…前園ら育てた高校サッカー界の名将