2019.9.11 05:00

【桜をまとう31戦士】松田力也 試合終盤の「切り札」キックで勝利導く!

【桜をまとう31戦士】

松田力也 試合終盤の「切り札」キックで勝利導く!

特集:
桜をまとう31戦士
松田力也

松田力也【拡大】

 SOで2番手の松田は、不動の司令塔である田村の背中を追う。

 「(田村)優さんは独特の間合いがある。まねをするではないが、いい所は盗みたい」

 日本代表合宿では同部屋になることが多い。練習後も2人で映像を見て、ボールの受け方や間合いなどを検討し、適否を仰ぐ師弟関係にある。

 7、8月のパシフィック・ネーションズ杯は、全3戦で田村が先発。松田のSOとしての出場機会は、米国戦の後半24分からだけだった。プレー時間は短いが、「準備しておくことが大切」と冷静に大舞台に備える。

 持ち味はゴールキックの精度。田村とのキック練習では蹴る直前まで全く関係ない話をして、いかにペースを乱されないかを心がける。W杯の各試合で出場が予想されるのは後半。松田のキックで勝利に導く。

松田 力也(まつだ・りきや)

 1994(平成6)年5月3日生まれ、25歳。京都市出身。伏見工(現京都工学院)高-帝京大-パナソニック。日本代表キャップ20。181センチ、92キロ。

試合日程へ代表メンバーへ