2018.1.9 05:01

大阪桐蔭、初優勝ならず…主将・上山「守りきれなかった」/高校ラグビー

大阪桐蔭、初優勝ならず…主将・上山「守りきれなかった」/高校ラグビー

逆転負けで初優勝を逃し、肩を落とす上山(左)ら大阪桐蔭フィフティーン

逆転負けで初優勝を逃し、肩を落とす上山(左)ら大阪桐蔭フィフティーン【拡大】

 第97回全国高校ラグビー決勝(8日、東海大仰星27-20大阪桐蔭、花園I)日本一の壁は厚かった。大阪桐蔭は守備陣が崩壊。初優勝にあと一歩届かず、主将のFL上山黎哉(3年)は天を仰いだ。

 「粘り強いディフェンスが持ち味だったが、守りきれなかった。日本一になることだけを考えてやってきたので悔しい」

 序盤から主導権を握った。前半5分にスクラムから最後は上山が先制トライ。後半8分のPGで20-10までリードを広げたが、テンポアップした東海大仰星の攻撃に対応できず、立て続けに3トライを奪われた。

 12度目の出場で初めての決勝の舞台。綾部正史監督(42)は「この場に慣れているチームと、初めて挑戦したチームのちょっとした差だと思う」と振り返った。応援スタンドには、昨春の選抜を制すなど春夏通算6度の甲子園優勝を誇る野球部のメンバーも駆けつけたが、悲願はかなわなかった。

 「達成感は日本一になってから感じたかった。1、2年生はこの悔しさを忘れずに、日本一になってほしい」と、上山は後輩に夢を託した。 (白石大地)

大阪桐蔭・CTB江良楓(3年)「勝ち切れない歴史を変えたかった。1年間やってきたことを出せたから、決勝に来られた」

試合結果へ組み合わせへ歴代優勝校へ

  • 大阪桐蔭・主な進路
  • 試合に敗れ、肩を落とす大阪桐蔭フィフティーン=花園ラグビー場(撮影・水島啓輔)
  • 敗れて肩を落とす大阪桐蔭フィフティーン=花園ラグビー場(撮影・甘利慈)
  • 前半、トライを決める大阪桐蔭・上山黎哉(中央下)=花園ラグビー場(撮影・水島啓輔)
  • 前半、突進する大阪桐蔭・中野光基=花園ラグビー場(撮影・水島啓輔)
  • 前半、突進する大阪桐蔭・奥井章仁=花園ラグビー場(撮影・水島啓輔)
  • 後半、突進を阻まれる大阪桐蔭・中野(中央)=花園
  • 試合に敗れ、肩を落とす大阪桐蔭フィフティーン=花園ラグビー場(撮影・水島啓輔)
  • 試合に敗れ、肩を落とす大阪桐蔭フィフティーンと綾部監督=花園ラグビー場(撮影・水島啓輔)
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 高校ラグビー
  4. 大阪桐蔭、初優勝ならず…主将・上山「守りきれなかった」/高校ラグビー