2018.1.8 18:15

東海大仰星・河瀬が決勝トライ「自分が取るしかないと思っていた」/高校ラグビー

東海大仰星・河瀬が決勝トライ「自分が取るしかないと思っていた」/高校ラグビー

声援に応える東海大仰星・河瀬諒介=花園ラグビー場(撮影・甘利慈)

声援に応える東海大仰星・河瀬諒介=花園ラグビー場(撮影・甘利慈)【拡大】

 第97回全国高校ラグビー決勝(8日、東海大仰星27-20大阪桐蔭、花園I)東海大仰星は同点の後半23分にWTB河瀬がトライをもぎ取った。そこまで4本のキックを全て外していただけに「自分が取るしかないと思っていた」と土壇場での名誉挽回に息をついた。

 前回大会の決勝では最終盤にミスを犯して試合を終わらせてしまった。試合後のロッカールームで先輩から託されたというスパイクを着用して成し遂げた1年越しの雪辱。「展開力では負けないと思っていた。この景色が見られたのは最高」と破顔一笑した。

 ★WTB河瀬の父は“怪物”河瀬泰治氏

 大阪・大工大高(現常翔学園高)時には1977年度(第57回大会)の花園初優勝に貢献。日本人離れしたパワーと突破力を誇る大型FWで「怪物」と呼ばれた。その後、明大、東芝府中(現東芝)と名門で活躍。87年に日本代表としてW杯(豪州、ニュージーランド)出場。95年W杯南アフリカ大会ではコーチを務めた。現在は摂南大監督。代表キャップ10。1メートル88。

河瀬 諒介(かわせ・りょうすけ)

WTB。1999(平成11)年7月21日生まれ、18歳。大阪府出身。小4から阿倍野RSでラグビーを始め、勝山中ではラグビー部。東海大仰星高に進み、2年春からレギュラー。今年4月のラグビーヨーロッパ男子U-18ヨーロピアンチャンピオンシップ日本代表。早大に進学予定。家族は両親と2人の姉。50メートル6秒0。1メートル83、82キロ

試合結果へ組み合わせへ歴代優勝校へ

  • 後半、逆転のトライを決める東海大仰星・河瀬諒介=花園ラグビー場(撮影・水島啓輔)
  • 前半、トライする東海大仰星・河瀬諒介=花園ラグビー場(撮影・甘利慈)
  • 後半、逆転のトライを決める東海大仰星・河瀬諒介=大阪府東大阪市の花園ラグビー場(撮影・水島啓輔)
  • 優勝して泣き崩れる東海大仰星・河瀬諒介=花園ラグビー場(撮影・甘利慈)
  • 後半、コンバージョンゴールを決める東海大仰星・河瀬諒介=花園ラグビー場(撮影・水島啓輔)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 高校ラグビー
  4. 東海大仰星・河瀬が決勝トライ「自分が取るしかないと思っていた」/高校ラグビー