2018.1.8 15:20

東海大仰星が2大会ぶり5度目の優勝 大阪桐蔭との大阪決戦で河瀬Jr.が決勝トライ/高校ラグビー

東海大仰星が2大会ぶり5度目の優勝 大阪桐蔭との大阪決戦で河瀬Jr.が決勝トライ/高校ラグビー

優勝し、喜びを爆発させる東海大仰星フィフティーン=花園ラグビー場(撮影・甘利慈)

優勝し、喜びを爆発させる東海大仰星フィフティーン=花園ラグビー場(撮影・甘利慈)【拡大】

 第97回全国高校ラグビー決勝(8日、東海大仰星27-20大阪桐蔭、花園I)東海大仰星(大阪第2)が大阪桐蔭(大阪第1)に27-20で競り勝ち、2年ぶり5度目の全国制覇を果たした。前半は10-17とリードされたが、後半は自慢のバックス陣が大阪桐蔭の防御を破り逆転。雨中の大阪決戦を制した。

 先制したのは白いジャージの大阪桐蔭だった。前半5分にスクラムを押し、主将のFL上山が左中間にトライ。コンバージョンも成功し、7-0とした。一方の東海大仰星は同10分にWTB河瀬が自陣22メートル付近でパスを受けると、鋭いステップを交え、70メートルの独走トライ。コンバージョンは失敗で5-7となった。同14分に大阪桐蔭はPGが決まり、10-5とした。東海大仰星は同24分にCTB長田がトライ。10-10と同点に追いついた。大阪桐蔭は前半終了間際にFW陣がモールで押し込み、最後は106キロの1年生FL奥井がトライ。コンバージョンも決まり、17-10で折り返した。

 大阪桐蔭は後半8分、CTB江良のペナルティゴール成功で20-10とリードを広げる。東海大仰星は同12分、FB谷口が右中間にトライ。WTB河瀬のゴール失敗で15-20となった。さらに後半20分、WTB西村が左中間にトライ。河瀬のゴールは失敗に終わったが、20-20と同点に追いついた。

 東海大仰星は同23分、敵陣22メートル付近左のラックからボールを持ち出したSH松木が、右に展開すると見せかけて前進し、タックルされながら左でフォローのWTB河瀬にパス。河瀬が大阪桐蔭FB杉原を左にかわして、ゴールポスト中央に回り込んでトライ。最後は大阪桐蔭の猛攻をしのいだ。

東海大仰星・湯浅監督の話「ありがとうございます。生徒を誇りに思います。やっぱりあの…子供たちの成長というか、信じることの素晴らしさとか。信じて耐えることもそうですけど、信じられて頼られるという、人とつながっていることの素晴らしさがすべての原動力だと思います」

 ★WTB河瀬の父は“怪物”河瀬泰治氏

 大阪・大工大高(現常翔学園高)時には1977年度(第57回大会)の花園初優勝に貢献。日本人離れしたパワーと突破力を誇る大型FWで「怪物」と呼ばれた。その後、明大、東芝府中(現東芝)と名門で活躍。87年に日本代表としてW杯(豪州、ニュージーランド)出場。95年W杯南アフリカ大会ではコーチを務めた。現在は摂南大監督。代表キャップ10。1メートル88。

河瀬 諒介(かわせ・りょうすけ)

WTB。1999(平成11)年7月21日生まれ、18歳。大阪府出身。小4から阿倍野RSでラグビーを始め、勝山中ではラグビー部。東海大仰星高に進み、2年春からレギュラー。今年4月のラグビーヨーロッパ男子U-18ヨーロピアンチャンピオンシップ日本代表。早大に進学予定。家族は両親と2人の姉。50メートル6秒0。1メートル83、82キロ。

試合結果へ組み合わせへ歴代優勝校へ

  • 優勝し、喜びを爆発させる東海大仰星フィフティーン=花園ラグビー場(撮影・甘利慈)
  • 胴上げされる東海大仰星・湯浅監督=花園ラグビー場(撮影・甘利慈)
  • 声援に応える東海大仰星・河瀬諒介=花園ラグビー場(撮影・甘利慈)
  • 声援に応える東海大仰星フィフティーン=花園ラグビー場(撮影・甘利慈)
  • 試合に勝利し、喜ぶ東海大仰星フィフティーン=花園ラグビー場(撮影・水島啓輔)
  • 第97回全国高校ラグビー大会で2大会ぶり5度目の優勝を果たし、喜ぶ東海大仰星の選手たち=花園ラグビー場
  • 後半、逆転のトライを決める東海大仰星・河瀬諒介=花園ラグビー場(撮影・水島啓輔)
  • 前半、トライする東海大仰星・河瀬諒介=花園ラグビー場(撮影・甘利慈)
  • 後半、逆転のトライを決める東海大仰星・河瀬諒介=大阪府東大阪市の花園ラグビー場(撮影・水島啓輔)
  • 優勝して泣き崩れる東海大仰星・河瀬諒介=花園ラグビー場(撮影・甘利慈)
  • 後半、コンバージョンゴールを決める東海大仰星・河瀬諒介=花園ラグビー場(撮影・水島啓輔)
  • 試合に敗れ、肩を落とす大阪桐蔭フィフティーン=花園ラグビー場(撮影・水島啓輔)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 高校ラグビー
  4. 東海大仰星が2大会ぶり5度目の優勝 大阪桐蔭との大阪決戦で河瀬Jr.が決勝トライ/高校ラグビー