2017.12.17 17:54

沖縄、攻守で地力示し連覇 監督兼任の仲里「2連覇ができてほっとしている」

沖縄、攻守で地力示し連覇 監督兼任の仲里「2連覇ができてほっとしている」

決勝のブリッツ戦の前半、競り合う沖縄ハリケーンズ・仲里(中央)=千葉ポートアリーナ

決勝のブリッツ戦の前半、競り合う沖縄ハリケーンズ・仲里(中央)=千葉ポートアリーナ【拡大】

 車いすラグビーの日本選手権は17日、千葉市の千葉ポートアリーナで行われ、決勝は沖縄ハリケーンズがブリッツに64-53で快勝して2年連続4度目の優勝を飾った。

 決勝は沖縄ハリケーンズが攻守に地力を示した。リオデジャネイロ・パラリンピックで金メダルを獲得したオーストラリア代表のルイスが力強い突破で得点を量産。守りでは日本代表の乗松らが粘り強く相手エースを抑えた。監督兼任の仲里は「優勝を目標にやってきたので、2連覇ができてほっとしている」と喜んだ。

 今年の登録メンバーはわずか7人。ベテランの引退や移籍で来季以降のチームの存続が危ぶまれたが、なんとか活動の見通しが立ったという。仲里は「またこの舞台に戻ってこられるように、準備して挑みたい」と3連覇を見据えた。

  • 決勝のブリッツ戦の後半、攻め込む沖縄ハリケーンズのルイス(右)=千葉ポートアリーナ
  • 決勝の前半、沖縄ハリケーンズのルイス(左)と競り合うブリッツ・島川=千葉ポートアリーナ
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. 沖縄、攻守で地力示し連覇 監督兼任の仲里「2連覇ができてほっとしている」