2019.8.12 05:04(1/2ページ)

渋野、スマイル締め!凱旋試合13位も25ラウンド連続オーバーパーなし/国内女子

渋野、スマイル締め!凱旋試合13位も25ラウンド連続オーバーパーなし/国内女子

特集:
渋野日向子
渋野は最終日も子供とタッチしながらプレー。最後まで笑顔を絶やさなかった(撮影・戸加里真司)

渋野は最終日も子供とタッチしながらプレー。最後まで笑顔を絶やさなかった(撮影・戸加里真司)【拡大】

 北海道meijiカップ最終日(11日、札幌国際CC島松C=6531ヤード、パー72)9位から出た渋野日向子(20)=RSK山陽放送=は5バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの72にまとめ通算4アンダーで13位。連続オーバーパーなしラウンドを「25」に伸ばした。日本勢では42年ぶりの海外メジャー制覇を果たした「AIG全英女子オープン」から帰国して臨んだ凱旋試合。過密スケジュール&体調不良でも、スマイルシンデレラがギャラリーを魅了した。

 渋野見たさに、幾重にも人の壁ができた。大会が現コースに移った2006年以降の最多となった前日をさらに上回る7631人の大ギャラリー。その熱い視線に、ニューヒロインが鮮やかに応えてみせた。

 「最後の2つは狙って取ったバーディー。16番でボギーを打って、残り2ホールで取らないといけないと。あそこで取れるなら、最初から取れよとも思ったけど…」

 17番(パー3)は6番アイアンでピン手前1メートルにつけた。最終18番(パー5)は3メートルのフックラインを沈めた。この日のラウンドを土壇場でイーブンパーに戻し、連続オーバーパーなしを25ラウンドに伸ばした。

 「しんどい部分もあったけど、体調を気遣ってくださるギャラリーさんもたくさんいた。本当に来てよかった」

 体調不良を押して完走した凱旋試合を、“神の手”もアシストした。チップインバーディーを奪った8番(パー4)。ティーショットを大きく左に曲げた。だが、ボールはギャラリーを整理する北大生の男子バイトの左手に直接当たり、大きく右に跳ねた。

【続きを読む】

  • 最終日、1番でティーショットを放つ渋野日向子=札幌国際CC
  • 同組の稲見萌寧からおにぎりを差し出され、モグモグする渋野日向子=北海道北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コース(撮影・戸加里真司)
  • 最終日、18番でバーディーを奪い笑顔の渋野日向子=札幌国際CC
  • 最終日、8番でアプローチショットを放つ渋野日向子=札幌国際CC
  • 最終日、5番でバーディーパットを沈める渋野日向子=札幌国際CC
  • 最終日、ティーショットを放つ渋野日向子=札幌国際CC
  • 女子ゴルフの北海道meijiカップ最終ラウンド、9番に向かう途中に子どもたちと笑顔でタッチする渋野日向子=北海道北広島市の札幌国際CC
  • 渋野日向子・25ラウンド連続オーバーパーなし
  • 最終日、9番第2打を大きく外した渋野日向子=札幌国際CC
  • ティーショットを放つ渋野日向子=北海道北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コース(撮影・戸加里真司)
  • ラインをよむ渋野日向子=北海道北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コース(撮影・戸加里真司)
  • ゼリー飲料を飲む渋野日向子=北海道北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コース(撮影・戸加里真司)