2019.8.12 05:03

【凱旋試合13位一問一答】渋野「考えない方がスコア出るのかな」

【凱旋試合13位一問一答】

渋野「考えない方がスコア出るのかな」

特集:
渋野日向子
ラインをよむ渋野日向子=北海道北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コース(撮影・戸加里真司)

ラインをよむ渋野日向子=北海道北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コース(撮影・戸加里真司)【拡大】

 北海道meijiカップ最終日(11日、札幌国際CC島松C=6531ヤード、パー72)9位から出た渋野日向子(20)=RSK山陽放送=は5バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの72にまとめ通算4アンダーで13位。連続オーバーパーなしラウンドを「25」に伸ばした。日本勢では42年ぶりの海外メジャー制覇を果たした「AIG全英女子オープン」から帰国して臨んだ凱旋試合。過密スケジュール&体調不良でも、スマイルシンデレラがギャラリーを魅了した。

 --長い1週間

 「きょうは出入りが激しくてイラッとする場面もあったけど、17、18番のバーディーで吹っ切れた」

 --連続オーバーパーなしラウンド記録も継続 「応援してくださった人のためにも、最後は入れないといけないと思った」

 --ボギーの直後にバーディーをよく取れる秘密は

 「気合が入るんですかね。クソッという気持ちを、ティーショットにもパットにもぶつけています」

 --体調は

 「きょうが一番楽だった。初日の熱は予想外でしたが、だんだんと体が動くようになった。体が動かないときにアンダーパーで、動くときにイーブンパー。なぜ? とも感じる。何も考えない方がスコアは出るのかな」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 10番ホールへ向かう途中、キッズギャラリーとタッチを交わす渋野日向子=北海道北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コース(撮影・戸加里真司)
  • 渋野は最終日も子供とタッチしながらプレー。最後まで笑顔を絶やさなかった(撮影・戸加里真司)
  • 渋野は5番でバーディーパットを沈める。ボギーとなってもすぐ取り返した
  • キッズギャラリーとタッチを交わしながらホール間移動をする渋野日向子=北海道北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コース(撮影・戸加里真司)
  • 8番ホール、バーディーパットを沈めた渋野日向子の帽子にはトンボがとまっていた=北海道北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コース(撮影・戸加里真司)
  • 3番ホールセカンドショットを放つ渋野日向子=北海道北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コース(撮影・戸加里真司)
  • 8番ホールチップインバーディーを放つ渋野日向子=北海道北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コース(撮影・戸加里真司)
  • 8番ホールチップインバーディーを決め、笑顔の渋野日向子=北海道北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コース(撮影・戸加里真司)
  • 9番ホール、セカンドショットを右に曲げ、悔しがる渋野日向子=北海道北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コース(撮影・戸加里真司)
  • キッズエスコートで入場する渋野日向子=北海道北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コース(撮影・戸加里真司)
  • 最終日、4番でアプローチショットが決まらず、悔しがる渋野日向子=札幌国際CC
  • ゼリー飲料を飲む渋野日向子=北海道北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コース(撮影・戸加里真司)