2018.10.11 19:38

金谷、8打差の68位発進「らしくないプレー」/国内男子

金谷、8打差の68位発進「らしくないプレー」/国内男子

11H、ティーショットを放つ金谷拓実=横浜CC(撮影・高橋朋彦)

11H、ティーショットを放つ金谷拓実=横浜CC(撮影・高橋朋彦)【拡大】

 日本オープン選手権第1日(11日、神奈川県横浜CC=7257ヤード、パー71)国内三大大会最終戦。49歳でツアー18勝の藤田寛之が8バーディー、1ボギーの64で回り宋永漢(韓国)、ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)と首位に並んだ。

 アマチュアの金谷は首位と8打差の68位発進となった。「緊張して自分らしくないプレーをしてしまった」と序盤の11、13番でダブルボギー。その後は盛り返したもののオーバーパーで初日を終え「出遅れているが、スタートからいえばよく頑張ったと思う。今日のベストはこんなもの」と話した。

 前週アジア・パシフィック・アマチュア選手権を制し、来年のマスターズ・トーナメントなどメジャー2大会に出場できる20歳。昨年は日本オープン史上2人目のアマチュア優勝に迫った実績もある。「頑張って決勝ラウンドに進みたい」と挽回を期した。

リーダーボードへツアー日程へ

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 金谷、8打差の68位発進「らしくないプレー」/国内男子