2018.2.12 05:01

優作、マッチプレー初戦敗退「なかなか難しい」/欧州男子

優作、マッチプレー初戦敗退「なかなか難しい」/欧州男子

 豪州・欧州・アジア共催男子ゴルフ・ISPSハンダ世界スーパー6パース最終日(11日、豪州パース・レイクカリニャップCC=7143ヤード、パー72)豪州、欧州、アジアの3ツアー共催の大会。最終日は24人による6ホールのマッチプレーで行われ、5位で進出して1回戦シードの宮里優作(37)=フリー=は2回戦でキラデク・アフィバーンラト(28)=ダイ=に延長5ホール目で敗れた。小平智(28)=Admiral=は1回戦で敗退。アフィバーンラトが欧州ツアー通算4勝目を挙げた。

 2回戦で敗退した宮里は「マッチプレーはなかなか難しい」。24位で進出して1回戦を突破したアフィバーンラトとの対戦は6ホールで決着がつかず、サドンデスの延長戦へ。最終ホール右側の約93ヤード地点につくられた特設ティーからの5回目でバーディーを奪われた。次戦の世界選手権シリーズ(WGC)「メキシコ選手権」(3月1日開幕)へ、「またいろいろ洗い出して見直したい」と前を向いた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 海外その他
  4. 優作、マッチプレー初戦敗退「なかなか難しい」/欧州男子