2020.11.22 05:01

土屋太鳳、肉&肉親愛に涙 映画「フード・ラック!食運」舞台あいさつ

土屋太鳳、肉&肉親愛に涙 映画「フード・ラック!食運」舞台あいさつ

家族愛の話で感涙する土屋=東京・有楽町(撮影・尾崎修二)

家族愛の話で感涙する土屋=東京・有楽町(撮影・尾崎修二)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 EXILEのNAOTO(37)と女優、土屋太鳳(25)が21日、東京・丸の内ピカデリーで行われた公開中のダブル主演映画「フード・ラック!食運」の舞台あいさつに出席した。

 ダチョウ倶楽部・寺門ジモン(57)の初監督作品。フリーライター(NAOTO)と新人編集担当者(土屋)が焼き肉の名店を取材しながら、食や家族への愛情に気づく感動物語だ。

 劇中には肉好きで知られるジモンの焼き肉愛が満載で、NAOTOは「千切りキャベツにハラミを乗せる食べ方を初めて知って、メチャクチャおいしかった」と感動。ジモンは「おいしい肉を食べたひと口目の目の輝きが一番良いので、ファーストカットにこだわった」と力説した。

 土屋は同作で描かれる家族愛に言及し、「母と息子の愛情が深くて切ないです…」と涙。共演の石黒賢(54)はジモンに「映画監督として2作目を作ってほしい」と期待していた。