2020.10.27 16:32

恵俊彰、「ひるおび!」で「初めてのパターン」に遭遇「大変お騒がせいたしました」

恵俊彰、「ひるおび!」で「初めてのパターン」に遭遇「大変お騒がせいたしました」

恵俊彰

恵俊彰【拡大】

 タレント、恵俊彰(55)が27日放送のTBS系情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。自身が10年以上総合司会を務める同番組で「初めてのパターン」に遭遇した。

 番組では兵庫県警に所属する警察犬が25日に行われた捜査活動中に突然走り出して捜査員の持つリードを振り切り山中に逃げたこと、警察犬が2歳のシェパード「クレバ」号で今年から現場に出ていた“新米”だったことなどを紹介した。

 これについてコメンテーターの落語家、立川志らく(57)は「警察犬がいなくなったことについて、何のコメントをすればいいのか、非常に難しい」と困惑。その後、同局の喜入友浩アナウンサー(27)が警察犬の育成について解説している最中に「先ほど発見」とのテロップが数回表示されたが、スタジオの出演者はこれに気付いていない様子だった。

 その後、リモート出演していた毎日新聞客員編集委員、福本容子氏のコメントを恵が「コメント中に大変申し訳ありません。最新情報が入ってまいりまして…」と遮り、喜入アナがフリップを手に「今、クレバ号が発見されました」と伝えた。

 恵が「大変お騒がせいたしました。今、発見されたそうです。せっかくコメントされていた最中だったんですけれども、これ」と話しかけると、福本氏は「ええ、そんな気がしました」と返答。恵は「初めてのパターンで、お伝えしている最中に発見されました」と説明し、同じく総合司会をつとめる弁護士の八代英輝氏(56)は「(スタッフは)そのフリップを作る前に知らせてほしかったですよね。僕らにはね」と注文をつけた。