2020.10.2 05:00

宇垣美里アナ、声優デビュー「参加できたことに感動。鳥肌モノでした」

宇垣美里アナ、声優デビュー「参加できたことに感動。鳥肌モノでした」

宇垣美里アナウンサー

宇垣美里アナウンサー【拡大】

 元TBSのフリーアナウンサー、宇垣美里(29)が中国の人気アニメ映画「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来」(11月7日公開)の日本語吹替版で声優に初挑戦することが1日、分かった。

 同作は2011年にアニメシリーズが動画サイトで公開され、その後に製作された劇場版は中国国内で興行収入3・15億人民元(約49億円)の大ヒットを記録した。

 今回の日本語吹替版には花澤香菜(31)、宮野真守(37)ら豪華声優陣が参加。宇垣は主人公のムゲン(宮野)とシャオヘイ(花澤)を人間の街に迎える“花の妖精”を演じるが、「声優に挑戦するのが夢」と公言してきただけに大喜び。「ワクワクしましたし、キャラクターたちをより身近に感じ、そこに参加できたことに感動。鳥肌モノでした」と声を弾ませた。