2020.5.22 15:53

東京都、25日緊急事態宣言解除なら26日にも緩和開始へ

東京都、25日緊急事態宣言解除なら26日にも緩和開始へ

特集:
緊急事態宣言
定例会見に臨む小池百合子東京都知事=22日午後、東京都新宿区(撮影・松井英幸)

定例会見に臨む小池百合子東京都知事=22日午後、東京都新宿区(撮影・松井英幸)【拡大】

 東京都の小池百合子知事は22日の定例記者会見で、新型コロナウイルス特別措置法に基づく首都圏の緊急事態宣言が25日に解除された場合、26日午前0時から外出自粛や休業要請の緩和を開始する方針を明らかにした。段階的に緩和を実施するロードマップ(行程表)の詳細も公表した。

 「ステップ1」に当たる博物館や美術館、学校などが最初の緩和対象となる。観客席を除く運動施設も含まれ、野球やバスケットボールのBリーグなどのプロスポーツは無観客での開催が可能となる。50人までの小規模イベントも実施できる。飲食店はこれまで午後8時までだった営業時間を酒類の提供も含めて午後10時までとする。

 小池氏は都内の感染者数の減少に伴い、ロードマップの公表について「一日も早く平穏な日々を取り戻すために、感染防止と経済・社会活動の両立を図りながら『新しい日常』が定着した社会を実現していく道筋を明らかにする必要がある」と述べた。