2019.12.3 05:04(1/2ページ)

新井浩文被告に実刑判決、懲役5年 東京地裁裁判長「卑劣で悪質」

新井浩文被告に実刑判決、懲役5年 東京地裁裁判長「卑劣で悪質」

冷たい雨が降る中、タクシーで東京地裁に入る新井被告=東京・霞が関(撮影・桐原正道)

冷たい雨が降る中、タクシーで東京地裁に入る新井被告=東京・霞が関(撮影・桐原正道)【拡大】

 昨年7月、派遣型マッサージ店の女性従業員(当時31)に乱暴したとして、強制性交罪に問われた元俳優、新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)被告(40)の判決公判が2日、東京地裁で開かれた。滝岡俊文裁判長は「性的自由を侵害する卑劣で悪質な犯行」として求刑通り懲役5年を言い渡した。女性と示談は成立しておらず、執行猶予なしの実刑に。同被告側は判決を不服とし、即日控訴した。

 9月2日に初公判が開かれ、前回10月23日の第3回公判で結審。女性に謝罪しつつ、一貫して無罪を主張した新井被告に法の裁きが下された。

 この日も黒のスーツ姿だったが、以前より白髪が目立っていた。滝岡裁判長の「証言台の位置についてください」の求めに「はい」と小声で応じて一礼。「次の通り判決する。懲役5年に処する」と言い渡されると、実刑を覚悟していたのか、取り乱すことなく視線を落とした。

 今回の争点は新井被告による〔1〕暴行の有無〔2〕性交の合意があると誤信したかどうか。検察側は女性について「入れないで」などと抵抗して拒否していたと説明。誤信はないと主張していた。

 判決理由では〔1〕について、身長約20センチの体格差や新井被告が部屋を暗くして犯行に及んだ状況などを踏まえ、女性は「抵抗することが困難」と説明。その上で性交や頭を両手でつかんで口付近に陰茎を押し当てたなどの行為を暴行と認定した。

【続きを読む】

  • 懲役5年を言い渡された瞬間、正面を見据えていた新井被告(イラストと構成・勝山展年)
  • 車両で東京地裁を出る新井浩文被告=2019年9月26日撮影