2019.6.20 19:14

警察学校教官、痴漢・女子寮侵入疑いで書類送検「性的欲求を満たしたかった」

警察学校教官、痴漢・女子寮侵入疑いで書類送検「性的欲求を満たしたかった」

 商業施設で痴漢行為をしたなどとして、福岡県警は20日、県迷惑行為防止条例違反などの疑いで九州管区警察学校(福岡市)の教官を務める30代男性警部を書類送検した。警察学校の女子寮部屋に侵入した疑いもあり、九州管区警察局は同日、停職6カ月の懲戒処分にした。警部は退職の意向を示している。

 書類送検容疑は今年4月5日午後11時ごろ、福岡市の商業施設で女性の下半身を触り、昨年10~12月には不在の女子寮部屋に複数回侵入した疑い。同警察局によると、商業施設では酒に酔っており、女子寮部屋には当直中に管理する鍵を使い侵入していた。「性的欲求を満たしたかった」と話しているという。

 同警察局の富岡洋首席監察官は「誠に遺憾で、厳正に処分した。指導教育を徹底し、再発防止と信頼回復に努める」とコメントした。

 九州管区警察学校は九州・沖縄各県の警察官の幹部育成などに当たる警察庁の機関。警部は福岡県警から出向、昨年3月から教官を務めていた。