2019.6.20 12:20

元巨人ドラ1の林泰宏容疑者ら逮捕 FX損失補填疑い

元巨人ドラ1の林泰宏容疑者ら逮捕 FX損失補填疑い

林泰宏容疑者

林泰宏容疑者【拡大】

 東郷証券(東京都港区)が、複数の顧客に対し外国為替証拠金取引(FX)で生じた損失を補填したとして、東京地検特捜部は20日、金融商品取引法違反容疑で実質経営者の林泰宏容疑者(58)=東京都渋谷区=ら4人を逮捕した。林容疑者はドラフト1位で巨人に入団した元プロ野球選手。関係者によると容疑を否認しているとみられる。

 証券会社の損失補填が刑事事件として立件されるのは約20年ぶり。

 他に逮捕されたのは、東郷証券代表取締役宇佐美麻己(46)=港区、会社役員上村昌也(37)=横浜市、同宮井智浩(48)=大阪市=の各容疑者。

 逮捕容疑は、2016年7月~19年1月、顧客8人の損失計約6900万円を穴埋めした疑い。関係者によると、業務を外部委託したように装って捻出した資金を使ったとみられる。

 証券取引等監視委員会が今年2月5日、本社など関係先を強制調査していた。

 民間信用調査会社によると、東郷証券は、02年4月に「サザインベストメント」として設立され、17年4月に現在の社名に変更。FX取扱業者のパイオニアとされる。18年3月期の売上高(営業収益)は約35億8000万円。14年以降に長野県松本市、金沢市、大阪市、熊本市に支店を開設したが、今年5月末で全てを閉鎖した。