2019.6.20 12:08

「太鼓の達人」盗んだ疑い 男子高校生3人を書類送検

「太鼓の達人」盗んだ疑い 男子高校生3人を書類送検

 愛知県北名古屋市のスーパーに併設されたゲームコーナーで4月、人気ゲーム「太鼓の達人」の太鼓が盗まれた事件で、県警西枇杷島署は20日、窃盗容疑で愛知県と関東地方に住む16~18歳の男子高校生3人を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、3人は愛好家が集う会員制交流サイト(SNS)を通じて知り合った。太鼓を分解して盗んでおり、容疑を認め「太鼓の達人が好きで、3人で盗んだ部品を組み立てて家で遊ぶためだった」と供述している。

 3人のうち2人が太鼓を分解して取り外す様子が店の防犯カメラに写っており、店側は4月に映像をツイッターに投稿。3人は5月「自分たちがやった」と同署に連絡した。映像は同署の指摘で削除されたが、その後も拡散され議論を呼んだ。

 3人の書類送検容疑は共謀し4月29日、営業中のゲームコーナーで太鼓1台(50万円相当)を取り外し、持ち去った疑い。

 太鼓の達人を巡っては、東京都や愛知県などで打面やばちなどが盗まれる事件が相次いでいる。製造するバンダイナムコアミューズメント(東京)の担当者は「盗難対策を検討中」としている。