2019.6.20 20:10

韓国解決策、国内も批判 元徴用工訴訟「どこからも歓迎されず」

韓国解決策、国内も批判 元徴用工訴訟「どこからも歓迎されず」

 日本企業に賠償を命じた元徴用工訴訟で勝訴が確定した原告らへの損害賠償の支払いを巡り、韓国政府が日韓の企業が相当額を出資する方式を提案したことについて、韓国メディアは20日「どこからも歓迎されない解決策」(聯合ニュース)と批判した。

 日本政府の拒否を受け、韓国外務省報道官は20日の定例記者会見で「日本政府が被害者の苦痛を癒やすことや韓日関係の発展に向け、慎重に知恵を出し合うことを期待する」との従来の原則論を繰り返すにとどめた。

 聯合は「日本政府はもちろん(元徴用工らの)被害者側も歓迎しておらず、この案が現実化するのは簡単ではない」と指摘。朝鮮日報も社説で「政府は日本が受け入れないことを知りながら、責任逃れのために提案したのではないかとの批判も出ている」と報じた。

 京郷新聞は社説で「新しい内容でもない方案を出すのに、(昨年10月の最高裁判決から)8カ月近くかかったことは理解しがたい」としながらも「今回の提案が悪化する両国関係を改善させる出発点になることを望む」と期待した。(共同)