2019.6.20 05:02

KANA-BOON飯田が活動休止、失踪は「不安やプレッシャーが原因」

KANA-BOON飯田が活動休止、失踪は「不安やプレッシャーが原因」

KANA-BOONの飯田祐馬

KANA-BOONの飯田祐馬【拡大】

 失踪騒動を起こした4人組ロックバンド、KANA-BOONのベーシスト、飯田(めしだ)祐馬(28)が音楽活動を一時休止することが19日、公式サイトで発表された。

 失踪の理由についても掲載され、「音楽活動の中での、個人的な不安やプレッシャーが原因であったと確認することができました」と説明。医療機関で受診した結果、「精神的な病気」だったと公表し、「本人と話し合いを進めていく中でも、体調が不安定な状態が見られた」と明かした。

 飯田の復帰時期は未定で、23日に東京都内で行われるライブなど当面はサポートのベーシストを入れ、3人でバンド活動を継続していく。

 飯田は5日から音信不通となり、家族が警察に捜索願を出していたが、15日深夜に帰宅した。

 関係者によると、飯田は失踪中の11日間、1人で行動し、東京都内を転々としていた。帰宅後の17、18日に病院で精密検査を受けた後、所属事務所やメンバーらと話し合いの場を持ったという。

 この日、飯田の活動一時休止を受け、ツイッターを更新したボーカルの谷口鮪(29)は「僕達をゆっくりと見守ってくれるとありがたい」とファンに呼びかけた。