2018.12.10 11:51

東名あおり事故、懲役23年求刑 検察側「執拗かつ悪質」危険性強調

東名あおり事故、懲役23年求刑 検察側「執拗かつ悪質」危険性強調

石橋和歩被告

石橋和歩被告【拡大】

 神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、あおり運転を受け無理やり停車させられた夫婦が別のトラックに追突され死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)の裁判員裁判の論告求刑公判が10日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)で開かれ、検察側は「執拗かつ悪質だ」として懲役23年を求刑した。

 運転中の行為に対する処罰を前提とした危険運転致死傷罪が停車後の事故に適用されるかどうかが最大の争点となる。論告で検察側は「被告が一方的に激怒して、相手に危険な運転を繰り返して起きた事故」と強調。構成要件の「重大な危険が生じる速度」には停車も含まれるとし、あおり運転と死亡事故に因果関係があると主張した。夫への暴行が追突の危険性を高めたとも述べた。

 予備的訴因の監禁致死傷罪では、追い越し車線に停車させられた夫婦が「第2車線に車線変更するのは困難で、その場から脱出することはできなかった」と指摘した。

 弁護側は事実関係は認めているが、危険運転の罪は適用できないとして無罪を主張し、監禁致死傷罪も成立を争っている。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 東名あおり事故、懲役23年求刑 検察側「執拗かつ悪質」危険性強調