2018.5.4 20:30

柏木由紀がプロデュース、公開稽古に参加「母親みたいな気持ちで見てました」

柏木由紀がプロデュース、公開稽古に参加「母親みたいな気持ちで見てました」

特集:
AKB48
左から、柏木、鈴木くるみ、田口愛佳、矢作萌夏=東京・秋葉原

左から、柏木、鈴木くるみ、田口愛佳、矢作萌夏=東京・秋葉原【拡大】

 AKB48兼NGT48の柏木由紀(26)が3日、東京・秋葉原のAKB48劇場で自身プロデュース公演「アイドル修業中?」の公開稽古に参加した。

 本公演はAKB16期生とドラフト3期生の16人によるステージで、セットリストだけでなく、メンバーの衣装や髪形も柏木が全てプロデュース。

 プロデュースの依頼があった際、「迷いはあったけど、AKBの将来を担う何かをやらせていただきたいという思いがあった。今日の公開稽古は母親みたいな気持ちで見てました」と安堵(あんど)の表情。

 デビュー当時を振り返り、「この劇場しかお仕事がなくて、ここで頑張れば世に出ていける。そういう考えや思いを後輩に伝えたかった。自分の中で、この11年間で培ったテクニックは全て伝えました。今日の出来は点数を付けるなら100点です」と、後輩たちへの熱い思いを吐露。

 今回、音楽プロデューサーの秋元康氏(60)に相談した際、「柏木の好きなようにしたらいいよ」とアドバイスを受けたことを明かし、「アンコールで歌ってもらった『遠距離ポスター』は初めてセンターを頂いた曲で、(卒業したら)後輩に受け継いでほしい」とほほえんだ。

 「第10回世界選抜総選挙」(6月16日、ナゴヤドーム)について質問が及ぶと、「初めて歴代1位の出場が1人もいないので、誰が(1位に)なってもおかしくない。今回の公演に出ているメンバーが1人でも多くランクインしてほしい」とエールを送った。

 4日の公演当日は、250人のファンを前に全17曲を熱唱。後頭骨を骨折していた稲垣香織(20)も退院後、初の公の場で元気な姿を見せた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 柏木由紀がプロデュース、公開稽古に参加「母親みたいな気持ちで見てました」