2018.4.16 05:02

ザギトワ「マサル」で大注目!秋田犬に会える施設オープン

ザギトワ「マサル」で大注目!秋田犬に会える施設オープン

「秋田犬ステーション」で展示されている秋田犬。ザギトワをとりこにした愛くるしい目がたまりません 

「秋田犬ステーション」で展示されている秋田犬。ザギトワをとりこにした愛くるしい目がたまりません 【拡大】

 秋田犬の魅力を発信し殺処分などの問題解決に役立てようと、展示施設「秋田犬ステーション」が秋田市中心部に15日、オープンした。平昌五輪フィギュアスケート女子で金メダルのアリーナ・ザギトワ(15)=ロシア=へ贈呈されることで話題となっており、観光拠点としても期待される。

 秋田犬の保存や保護に取り組む一般社団法人「ワンフォーアキタ」(秋田市)が運営。JR秋田駅の西約600メートルにある複合施設「エリアなかいち」にある。火、木、土、日曜の午前11時~午後3時に2、3匹を展示。触ることはできないが、写真撮影は可能。

 飼い主が亡くなるなどして飼育放棄された秋田犬の新しい飼い主を募集し殺処分を防ぐほか、ドッグトレーナーが飼育方法の相談も受け付ける。

 秋田県動物管理センターによると、秋田犬は2016、17年度に県内で計27匹が保護され、うち23匹が殺処分。施設では保健所に保護された犬も活躍する。三浦広巳理事長は「秋田犬の命をつなぐ拠点として、いつでも会える場所として機能を果たしたい」と話した。

 ザギトワは五輪前に新潟市内で調整中、秋田犬にひと目惚れ。秋田犬保存会(秋田県大館市)から贈呈されることになり「マサル」と命名した。今月5日には5匹の候補から生後約50日の赤毛の雌を指名した。5月3日に大館市で行われる、秋田犬の全国大会「本部展」でお披露目される。

  • アリーナ・ザキトワ
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. ザギトワ「マサル」で大注目!秋田犬に会える施設オープン