2018.3.13 23:01

小泉元首相、佐川氏人事を批判「判断がどこかおかしくなっている」

小泉元首相、佐川氏人事を批判「判断がどこかおかしくなっている」

 小泉純一郎元首相は13日のBSフジ番組で、森友学園に関する財務省の決裁文書改ざん問題を巡り、昨年7月に同省の佐川宣寿前理財局長を国税庁長官に起用した人事を批判した。安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相が「適材適所」との説明を繰り返してきたことに触れ「これにはあきれた。判断がどこかおかしくなっているんじゃないか。誰も適材適所だと思わない」と述べた。

 文書改ざんに関しては、首相が昨年2月、自身や昭恵首相夫人が国有地売却に関与していたなら首相も議員も辞職すると答弁したことが発端だとの見方を示した。「財務省は関係していると知っていたから、答弁に合わせるため改ざんを始めたとみている。忖度したのだろう」と指摘した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 小泉元首相、佐川氏人事を批判「判断がどこかおかしくなっている」