2018.3.13 23:38

経済同友会・小林代表幹事、麻生氏の「監督責任は明確」 進退は「美学の問題」

経済同友会・小林代表幹事、麻生氏の「監督責任は明確」 進退は「美学の問題」

 経済同友会の小林喜光代表幹事は13日の記者会見で、森友学園を巡る財務省の決裁文書改ざん問題に関し、麻生太郎財務相の監督責任は免れないとの認識を示した。「あり得ないことをやっている。民主主義にとって重大な問題だ。監督責任は明確にある」と述べた。

 麻生氏の進退については「民間の社長は不祥事を起こしたら普通は辞める」とした上で「政治家は美学の問題だが、法律違反をしていない限りは辞める必要はないかもしれない」と語った。

 小林氏は財務省が国会に改ざんした文書を示し続けていた行為を「立法府が行政府にばかにされたようなもの。立法府が無視されるということは、国民そのものが無視されたのと同じだ」と述べ、徹底的な事実解明が必要だと訴えた。

 また「1年以上も(森友学園の)問題をやっている。時間をかけ過ぎるのは日本にとってもったいない」とも指摘。一連の問題の早期幕引きを求めるとともに、働き方改革など他の重要課題の審議を進めるべきだと強調した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 経済同友会・小林代表幹事、麻生氏の「監督責任は明確」 進退は「美学の問題」