2018.1.13 05:03(1/3ページ)

JR信越線、豪雪で立ち往生15時間半…乗客430人が混雑車内で一夜明かす

JR信越線、豪雪で立ち往生15時間半…乗客430人が混雑車内で一夜明かす

線路伝いに避難する乗客ら =午前8時ごろ、新潟県三条市

線路伝いに避難する乗客ら =午前8時ごろ、新潟県三条市【拡大】

 11日午後6時55分ごろ、新潟県三条市のJR信越線東光寺-帯織間の踏切で、新潟発長岡行き普通電車(4両編成)が積雪で動けなくなり、乗客約430人が車内に閉じ込められた。乗客は車内で一夜を明かし、電車は線路の除雪作業が終わった12日午前10時半ごろ、約15時間半ぶりに運転再開。動きだす気配のない電車に、乗客の疲労や帰りを待つ家族の怒りはピークに達した。

【続きを読む】

  • 12日午前4時ごろ、立ち往生した車内で、立ったままで運転再開を待つ乗客ら
  • 大雪の影響で立ち往生したJR信越線の電車
  • 雪で立ち往生したJR信越線の電車。進行方向の線路(手前)はレールが見えないほど雪に覆われていた=新潟県三条市
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. JR信越線、豪雪で立ち往生15時間半…乗客430人が混雑車内で一夜明かす