2021.1.13 13:39

DeNAのD1位・入江が初ブルペンで25球「ほどよい緊張感の中で投げられた」

DeNAのD1位・入江が初ブルペンで25球「ほどよい緊張感の中で投げられた」

特集:
2021新人情報
ブルペン入りしたDeNA・入江(球団提供)

ブルペン入りしたDeNA・入江(球団提供)【拡大】

 DeNAのD1位・入江大生投手(22)=明大=が13日、横須賀市内の2軍施設「DOCK」で行われた新人合同自主トレで初めてのブルペン投球を行った。

 「まず傾斜を使っての指先の感覚と、体重移動を確認したかったので、今日はその2つが確認できたのでよかったなと思います」

 立った捕手に対し、オール直球で25球。「当初の予定だと5割くらいの力で投げようと思ったんですけど、いろんな方に見られて力が入ってしまったので、実際は7割くらいですかね」と複数の球団関係者が見守る中、腕を振った。受けた宮下ブルペン捕手は「バランスよくまとまっていて回転軸もきれい」とうなった。

 今後は1日おきにブルペン入りしていく予定。「開幕1軍で1年間1軍に居続けるのを目標にしているので、早い段階で仕上げてアピールしたい。ほどよい緊張感の中で投げられたので、今日は本当にいい練習だったなと思います」と充実の表情を浮かべた。キャンプインに向けて状態を高めていく。