2020.9.11 12:00

【球界ここだけの話(2082)】9・19東京六大学開幕、ドラフトで注目の左腕投手

【球界ここだけの話(2082)】

9・19東京六大学開幕、ドラフトで注目の左腕投手

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
早大・早川

早大・早川【拡大】

 10月26日のドラフト会議が近づき、数少ない今年の左腕投手の上位候補が注目されている。

 筆頭は、最速155キロの早大・早川隆久投手(4年)。最速151キロの慶大・佐藤宏樹投手(4年)、最速152キロで伸びしろのある横浜高・松本隆之介投手(3年)らの名前も挙がる。いずれにせよ貴重な存在で、争奪戦は激しくなる見込みだ。

 早川に対しては、「大学の試合でなく、9月からウチのローテーションに入ってほしい」と冗談のような声が8月の春季リーグ戦中に聞かれた。「早川の単独指名は無理だろう」という見方も多くなっている。

 右投げ左打ちの打者が増え、左投手の必要性が高まっているのに加え、左投げの選手の絶対数が少ないことが拍車をかける。

 今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止で、登校制限、課外活動自粛、さらにはプロ野球の試合数減少で、現有勢力の契約解除に球団が頭を悩ませており、有望左腕が次のステージを手堅く「進学」や「プロ志望届を出さずに社会人野球内定」を早々と決め、指名できるサウスポーが少なくなっている現実もある。

 ここ10年のドラフト会議で、投手の指名は昨年を除き、全体の中で投手が56・82%。そのうち、投手の1位指名は全体の10・83%、左腕の1位指名となると全体の3・18%だ。1人だけの年もあるし、3人の年も複数回ある。

 国内のスカウトは担当外の選手のクロスチェックが進んでいる。担当校(社・チーム)以外をスカウト自身の球歴、ポジションなど“複眼”で見て、会議で意見交換という形で反映させ、指名順が進められるからだ。

 1990年に亜大・小池秀郎投手が8球団に1位指名されたような競合となるのか。まずは、9月19日の東京六大学野球開幕が、し烈なドラフト戦線の本格的なスタートになる。(赤堀宏幸)