2020.8.1 21:20

阪神は5被弾で3連敗、借金生活逆戻り…甲子園96歳の誕生日飾れず

阪神は5被弾で3連敗、借金生活逆戻り…甲子園96歳の誕生日飾れず

試合に敗れ、ファンにあいさつする阪神・矢野監督らナイン=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)

試合に敗れ、ファンにあいさつする阪神・矢野監督らナイン=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神-DeNA、8回戦、1日、甲子園)阪神はDeNAに3-7で敗れた。これで引き分けを挟んで3連敗で、7月18日の中日戦(甲子園)以来の借金「1」となった。

 先発した西勇は一回2死からソトにソロを打たれると、四回には大和にソロ。その裏に梅野の左前への2点適時打で同点に追いついたが、五回2死三塁から佐野に勝ち越しの2ランを打たれた。

 六回には宮崎にソロを被弾。西勇の1試合4被弾はオリックス時代の2015年9月5日の日本ハム戦(ほっと神戸)以来、5年ぶり。この日は6回7安打5失点で今季7試合目の登板で初めてクオリティスタート(QS、6回3失点以内)に失敗した。

 七回には能見が梶谷にソロを浴びて、この試合5本の本塁打を打たれた。

 甲子園球場は1924年8月1日に竣工(しゅんこう)。この日が96歳の“誕生日”だったが、勝利で飾れなかった。

試合結果へプロ野球日程へ