2019.12.3 05:05(1/2ページ)

小川前監督、ヤクルト初ポストのGMに!チーム再建へ高津新監督支える

小川前監督、ヤクルト初ポストのGMに!チーム再建へ高津新監督支える

GMに就任する小川前監督。新たな役職でヤクルトの力になる

GMに就任する小川前監督。新たな役職でヤクルトの力になる【拡大】

 今季最下位に低迷したヤクルトの編成部門を統括するゼネラルマネジャー(GM)に、小川淳司前監督(62)が就任することが2日、分かった。GM制度を敷くのは球団史上初めて。成績不振の責任を取って今季限りで2期目の監督を退任したが、2017年まで球団のシニアディレクター(SD)を務めるなど現場、フロントと球団内外に精通する前指揮官に白羽の矢を立てた。近日中に発表されるとみられる。

 チーム再建の、かじ取り役を託す。ヤクルトが来季に向けて編成部門を統括するGM職を新設し、小川前監督を起用することが判明した。近日中に発表される見込みだ。

 球団史上初めてGM制を敷く。9月10日に小川前監督の退任が発表された際、衣笠剛球団社長兼オーナー代行(70)は「(チームを)一番熟知している人。ぜひ協力してもらえればと思っている」と、何らかの役職で残留を提案する考えを示していた。来季に向けた改革を進める中、新設するのがGM職だった。

 GMはチーム強化戦略の立案を行い、編成・育成部門においても責任者として中心的な役割を担う。アスレチックスのビリー・ビーンGMを描いた「マネー・ボール」(マイケル・ルイス著)が有名なように、米大リーグでは一般的な役職。プロ野球では現在、西武・渡辺久信GM、楽天・石井一久GM、オリックス・福良淳一GM兼チーム編成部長、ソフトバンク・三笠杉彦取締役GM球団統括本部長、日本ハム・吉村浩取締役チーム統括本部長兼GMが務めている。

 GMには中長期的視点に立った強化戦略に加えて、選手獲得の際の交渉力、経営的視点やメディア対応力なども求められる。白羽の矢が立ったのが、経験豊富な前指揮官だった。

【続きを読む】