2019.12.3 05:02

日本ハム・佑ちゃん、来季ショートスターターで再起!現状維持の年俸1600万円でサイン

日本ハム・佑ちゃん、来季ショートスターターで再起!現状維持の年俸1600万円でサイン

契約更改後に会見する斎藤。来季は10年目になる (撮影・中田愛沙美)

契約更改後に会見する斎藤。来季は10年目になる (撮影・中田愛沙美)【拡大】

 日本ハム・斎藤佑樹投手(31)が2日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸1600万円でサインした。

 「毎年結果を出さないといけない立場に置かれて同じような成績。10年野球ができるのはファンと球団の方が応援してくれるから。自分自身メンタルが弱い方だと思うので、応援してくれる人の存在は励みになります」

 7年連続ダウンは回避したが、斎藤の表情に笑みはなかった。9年目の今季は開幕1軍入りはしたが、登板11試合で0勝2敗、防御率4・71と2年連続0勝に終わった。

 節目の10年目を迎える来季。今季から球団が導入した、先発が打者一巡をめどに交代する新戦術「ショートスターター」に再起をかける。4月4日の楽天戦(楽天生命パーク)では先発して1回2/3を3安打3失点と振るわなかったが「戦略を継続してもらえるようであれば、全力でそれに応えたい」と熱望。今季はロングリリーフでの好投もあり「(打順)一回りと考えると、成功する可能性も増えてくる。戦術に乗っかって、いい結果が出せれば」と意気込む。

 早実高のエースとして2006年夏の甲子園を制して“ハンカチ王子”ブームを巻き起こした。「みなさんが見ている景色は、あの頃の映像なんだろうなと思う。あの時に近付けるようなブームを起こせるように努力したい」。背番号1は、再びスポットライトを浴びるつもりだ。 (中田愛沙美)

契約更改へ