2019.10.9 22:32(1/2ページ)

阪神・矢野監督「うちにとっては必要な負け」巻き返しに自信

阪神・矢野監督「うちにとっては必要な負け」巻き返しに自信

試合に敗れ引き揚げる阪神・矢野監督=東京ドーム(撮影・水島啓輔)

試合に敗れ引き揚げる阪神・矢野監督=東京ドーム(撮影・水島啓輔)【拡大】

 阪神は9日、巨人とのクライマックスシリーズファイナルS第1戦(東京ドーム)で2-5で敗戦。巨人は1勝のアドバンテージがあるが、矢野燿大監督は試合後、「ある意味うちにとっては必要な負け」と巻き返しへ自信をみせた。

 --まずは望月の球威にかけた

 「一番、元気なヤツがモッチー(望月)かなと思っただけで。あとは経験も積ませられるのもあるし。投手はみんな多く投げているので。総合的に判断してモッチーかなと」

 --内容としては変化球の制球に苦しんだ

 「まあまあ、総合的にまだまだ発展途上の投手なので。こういう試合に投げたことで、自分の足りない部分やもっとこうしないといけないとダメだというところが見えたんじゃないかな」

 --岩貞は第2先発という起用

 「中継ぎ以降、みんな投げているから。今日は自分のなかではある程度、そういうところで、投手にいってもらってっていう」

 --我慢して流れを変える投球だった

 「みんな、それ以降は。サダ(岩貞)もね、みんな2イニングずつか。みんなよく投げてくれたし。だから、最後こういうゲームになれたし。それはそこのピッチャーが作ってくれたっていう部分が大きいと思う」

【続きを読む】