2018.12.10 06:00(1/3ページ)

阪神・矢野監督、西獲って戦々恐々!FA人的補償なら“息子”流出の危機

阪神・矢野監督、西獲って戦々恐々!FA人的補償なら“息子”流出の危機

阪神・矢野監督

阪神・矢野監督【拡大】

 出血に悲鳴! 阪神・矢野燿大監督(50)が9日、MBSテレビ「戦え! スポーツ内閣」(12日午後11時56分から放送予定)の収録に参加。オリックスから国内フリーエージェント(FA)権を行使した西勇輝投手(27)を獲得したが、それに伴う人的補償に警戒心をあらわ。「痛い選手とられる可能性が高い」と頭を抱えた。

 もちろん、覚悟はしていた。相手に請われていくことを嫌ってはいけないのも分かっている。でも、イザとなれば…やっぱり辛い。西獲得に伴う人的補償について問われた矢野監督は、わが子を手放すような心境だった。

 「それがめちゃくちゃ難しい。本当に難しい、意外に28人って少ないんで…。痛い選手、とられる可能性が高いです」

 この日はテレビ番組の収録に参加したが、出血のタイミングは刻一刻と近づいている。人的補償から逃れられるプロテクトリスト(28人)の提出は西と阪神との選手契約締結が公示されてから2週間以内。球団サイドも虎将と意見交換を重ね、完成させる方針を示しているが、想像以上に頭を悩ませている。しかも、前日8日にはオリックスサイドから「うちには金子、中島、西が抜けて(残留に用意していた資金が)12億円ぐらいあるわけだから、福留や鳥谷、糸井、能見、藤川でも獲れる。そこが外れていたら、いくよ」と思いも寄らぬ“けん制球”が…。

 相手のターゲットは投手なのか、野手なのか、まったく分からない。たとえ分かったとしても、実績のあるベテランをプロテクトから外すことは考えにくい。そして現役時代、バッテリーを組んだ元阪神、下柳剛氏(50)からはド直球な一言が飛んできた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・矢野監督、西獲って戦々恐々!FA人的補償なら“息子”流出の危機