2018.12.10 16:18

MLBウインターミーティング開幕も、超大物FAハーパーの移籍先決定は先送りか…

MLBウインターミーティング開幕も、超大物FAハーパーの移籍先決定は先送りか…

ブライス・ハーパー

ブライス・ハーパー【拡大】

 米大リーグの球団幹部や代理人らが一堂に会するオフの移籍市場最大のイベント、ウインターミーティングが、10日(日本時間11日未明)から4日間にわたって米ネバダ州ラスベガスで開催される。今オフ、フリーエージェント(FA)の目玉の1人として注目されている今季34本塁打、100打点、103得点のブライス・ハーパー外野手(26)の移籍先に注目が集まる中、スポーツ局ESPN(電子版)は9日(同10日)、その決定は同ミーティング期間中ではなく、先送りになる可能性を伝えた。

 今年の同ミーティングは、ハーパーの故郷でもあるラスベガスで開催されるということもあり移籍が決まれば大きなニュースとなるが、ESPNは「多くのチームがすでにハーパーと面談を済ませており、中には今期間中に会う予定のチームもいるであろう」とした中で、近年FA大物選手の契約が、時には2月にずれ込むことを指摘。

 加えて、ハーパーの代理人がスコット・ボラス氏(66)であることにも注目。昨オフも同氏の抱えていた大物FA選手の移籍先はなかなか決まらず、8年総額1億4400万ドル(約153億円)でパドレスと契約したエリック・ホズマー内野手(29)と、総額1億1000万ドル(約117億4000万円)でレッドソックスと5年契約を結んだJ・D・マルティネス外野手(31)の契約が合意に至ったのは2月中旬だった。ジェイク・アリエッタ投手(32=フィリーズ)に限っては3月まで移籍先が決まらなかった。

 ボラス氏は、西武からポスティングシステムで米大リーグ移籍を目指す菊池雄星投手(27)の代理人も努めている。

  • ブライス・ハーパー
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. MLBウインターミーティング開幕も、超大物FAハーパーの移籍先決定は先送りか…