2018.8.10 08:00

【若松氏&相川氏 トークバトル】被弾の巨人・沢村は現代野球の“宿命”の象徴

【若松氏&相川氏 トークバトル】

被弾の巨人・沢村は現代野球の“宿命”の象徴

8回 阪神・糸井から本塁打を浴びた巨人・沢村=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)

8回 阪神・糸井から本塁打を浴びた巨人・沢村=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人2-3阪神、18回戦、巨人11勝7敗、9日、東京D)

 若松 「いくら速くても、甘くいけば打たれる。決勝ホームランを許した沢村は、現代野球の“宿命”の象徴のようだよ。バッターは、マシンを使って、どこまでも打ち込むことができる。ピッチングの練習は、体しか使えないんだから」

 相川 「僕は、山口俊が打たれた同点ホームランにバッテリーの宿命を感じました。ナバーロには2打席目まで、真っすぐを打たれる感じがしなかった。それが3打席目にアジャストされた。合っていない球をここぞの場面までとっておくのか、ずっと押すのか…。難しいところです」

 若松 「巨人打線では、阿部がさすがだったね。長年の経験から、配球を読みながら、見事に対応している」

 相川 「いくらベテランでも、スタメンで出て、すぐに打てるものではありません。準備がしっかりできている証拠です。ただ、一回に阿部がタイムリーを打つ前の攻撃は、もったいなかった。1点を取ってなお無死一、二塁から、岡本が三ゴロ。ゲッツーでなければ、ビッグイニングが見込めたところ。その分かれ道も、響きました」

 若松 「あとは、マルティネスの負傷交代。三塁までいったのは、本来なら“暴走”。打てないから、焦りもあったのかな。いよいよとなったら内野陣は、阿部をこのまま一塁で使い、岡本を三塁で、マギーを二塁に回すしか、手はなくなるかもしれないね」

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【若松氏&相川氏 トークバトル】被弾の巨人・沢村は現代野球の“宿命”の象徴